武蔵野で生まれ、武蔵野に住み、武蔵野で働く


by txsc614uwd

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 □京都造形芸術大教授 竹村真一さん

 ■「宇宙時代の子供たちに期待する」 きっかけは手塚治虫さんの“遺言”。

 地球の1千万分の1の大きさで、温暖化の進行状況などさまざまなデータを知ることができるデジタル地球儀「触れる地球」。インターネットにつなぐことで各地の自然事象をリアルタイムで体感でき、100年間の温暖化のシミュレーションなども学べる“生きた教材”だ。開発者の竹村真一・京都造形芸術大学教授は、子供たちに地球の美しさ、地球が抱える問題を改めて伝えたいと願っている。(聞き手 溝上健良)

 −−「触れる地球」を作ったきっかけは

 竹村 手塚治虫さんが遺言のように残された「ガラスの地球を救え」という本があります。その中で「自分は宇宙時代の子供たちに期待する」という話をされているんですね。宇宙時代の子供たちであれば、地球上空を回る宇宙ステーションで育ち、毎日のように美しく輝き雲がたなびく地球を見るだろうと。雲が流れる空気の層は、地球の外から見ると、リンゴの薄皮のような薄い層として見えるはずなんですね。

 そこには国境もない。そうすると国境を挟んで戦争をしている人間たちが愚かだなあと思うだろうと。

 −−「触れる地球」にはさまざまな機能がありますね

 竹村 リアルタイムの雲の動きとか、地球温暖化の様子、大気汚染物質の越境移動のほか、渡り鳥が渡っていく様子も表示される。生きた地球を「見える化」する装置です。

 −−大きさを1千万分の1としたのは

 竹村 地球は直径が1万2800キロ、ちょっと想像できないですけれど、それを1千万分の1でつくると1メートル28センチの直径になるんです。大人が両手でかろうじて抱えられるかなというくらいです。

 子供にとっては大きな地球に見えるでしょうけれど、その1メートル余りの地球儀でみると、空気の層というのはわずか1ミリ。宇宙ステーションで育った子供たちは、その1ミリくらいの薄い空気を見て「地球っていうのは本当に傷つきやすい大気なんだなあ」と感じると思うんです。

 −−外から見た地球を実感できるわけですね

 竹村 宇宙開発が進んでも、やっと日本人が何人か宇宙ステーションに行ったという程度で、なかなか子供たちが宇宙から地球を見るというのは無理ですよね。一方で、地球の問題はどんどん深刻になっている。ですから、別に宇宙に行かなくても、地球に居ながらにして宇宙からの視点で地球を感じられるような装置を作って、すべての小学校に配ろうと考えたわけです。

 −−壮大な目標ですね

 竹村 もし地球政府というものがあったら、たぶんこういう地球儀を作って、全世界の小学校に贈るはずなんですね。まだ地球政府はないから、それもできていない。それなら地球政府がなくたって、これを作っておいてしまおう、というつもりで作ったのが「触れる地球」です。

 −−昨年、京都の小学校で「触れる地球」を使った授業をされました。子供たちの反応はどうでしたか

 竹村 いやもう、子供たちは触り始めたら止まらないですよ。雲の動きとか津波の広がる様子など、ダイナミックな動く地球が見られるわけです。

 普通の地球儀は軸があって、北極と南極が固定されていて東西方向にしか回りませんよね。その点、「触れる地球」には手の動きを感知するセンサーが付いていて、そのおかげで自分の手で好きな方向へ回せるんです。

                   ◇

【プロフィル】竹村真一

 たけむら・しんいち 昭和34年生まれ、東京大学大学院文化人類学博士課程修了。専門は文化人類学、情報環境論。平成14年に「触れる地球」を製作し、17年にグッドデザイン賞金賞を受賞した。プロジェクト「Earth Literacy Program」の代表として、「100万人のキャンドルナイト」などの社会実験プロジェクトを企画・推進している。著書に「地球の目線」(PHP新書)、「22世紀のグランドデザイン」(慶応大学出版会)など。父は評論家の竹村健一氏。

「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明
山口県光市の海岸でクサフグ産卵(産経新聞)
民主、複数候補擁立を見直し…次期選対委員長(読売新聞)
就職に有利なアルバイト、1位「接客」、2位「営業」、3位「講師・インストラクター」=インテリジェンス調査
[PR]
by txsc614uwd | 2010-06-12 02:30
 宮崎県での口蹄疫発生を受け、長崎県五島市の中尾育子市長は31日、6月13日に開催予定だったトライアスロンレース「第10回アイアンマンジャパン五島長崎」を中止すると発表した。

 同大会の中止は初めて。

 中尾市長は、この日の市議会全員協議会で、「(口蹄疫の)終わりが見えないなか、市内の畜産農家から大会開会への理解が得られない」などと説明した。

 大会には18か国から1066人がエントリーしていた。参加料の返還やツアーのキャンセル料など約6000万円は市が負担する。畜産農家の男性は「選手には申し訳ないが、感染すれば我々の暮らしが吹っ飛ぶ。ほっとした」と話した。

アダム・ランバート、圧巻のパフォーマンス
鳩山首相 「国の出先廃止」各閣僚に指示(毎日新聞)
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定(産経新聞)
社民党が抗議声明 「署名拒否は当然のこと」(産経新聞)
民主・辻副幹事長、検察審査会への接触認める(読売新聞)
[PR]
by txsc614uwd | 2010-06-02 04:35