武蔵野で生まれ、武蔵野に住み、武蔵野で働く


by txsc614uwd

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 西京銀行(本店・山口県周南市)は19日、融資先の氏名や融資申込金額など個人情報が書かれた関係書類を推定で1786件紛失したと発表した。

 本店営業部の管理で、06年10月〜08年3月の融資分。今年3月9日、本店書庫内で過去の融資資料を探した際に分かった。内部調査の結果、09年2月下旬に実施した書類整理の際に誤って廃棄した可能性が高いという。西京銀にはこれまで紛失した個人情報に関係する問い合わせや苦情などはないという。西京銀は「外部に流出した可能性は極めて低い。再発防止に向け、情報管理を再度徹底する」としている。

 西京銀は09年にも山口支店が振込伝票など約1万2000件を紛失している。

【関連ニュース】
国民生活センター:52人分の個人情報を紛失
情報盗難:生徒1000人分 愛知2教諭、車上荒らし被害
個人情報流出:校長の私有パソコンから 長崎市立中
慶応生協:個人情報を紛失
アリコ:役員報酬の一部返上 顧客情報流出で処分

<2人重傷>入院中の母刺した後自殺図る?東京の病院内(毎日新聞)
苦手分野に重点=実用問題も多数−学力テストが終了・文科省(時事通信)
中国青海省、倒壊の小学校 寒さ・機材不足に焦り(産経新聞)
自民、選挙運動のネット解禁へ公選法改正案(読売新聞)
医療+介護費、払い戻し過ぎ8244万円(読売新聞)
[PR]
by txsc614uwd | 2010-04-24 05:42
 金券ショップに押し入って現金を奪い、男性経営者にけがを負わせたとして、警視庁竹の塚署は16日、強盗致傷の疑いで、住所不定、無職の少年(19)を逮捕した。同署によると、少年は「金がほしかった」と供述している。

 逮捕容疑は3月18日午後7時半ごろ、東京都足立区西竹の塚の金券ショップに「財布を買い取ってほしい」と客を装って入店。応対した男性経営者(51)に「金を出せ」と脅迫し現金約32万円を奪い、男性の両手を粘着テープで縛って顔を殴り軽傷を負わせたとしている。

【関連記事】
金券店に偽造収入印紙 詐欺未遂容疑などで男逮捕
「ストレスがたまっていた」 門真の元少年 傷害致死容疑で送検
携帯電話注意されて教諭ける 容疑の中3男子逮捕 所沢
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
警察署の証拠品バイクから部品盗む 容疑の2少年を逮捕 福岡県警
外国人地方参政権問題に一石

F4ジェリーがユニット再開希望!?「育ての母」アンジー・チャイも期待!―台湾
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
レール間に倒れ無事=女性の上を電車通過−JR東京駅(時事通信)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
貼付剤のアルツハイマー型認知症治療薬を共同開発へ―日東電工と興和(医療介護CBニュース)
[PR]
by txsc614uwd | 2010-04-21 14:51
 天皇、皇后両陛下は13日、東京都千代田区の東京宝塚劇場で、宝塚歌劇雪組公演「ソルフェリーノの夜明け」をご覧になった。

 宮内庁によると、陛下が宝塚歌劇団の公演を鑑賞されるのは、皇太子時代の昭和33年、兵庫県の宝塚大劇場を訪問して以来、52年ぶり。両陛下が一緒に鑑賞されるのは初めてとなる。

 今回の公演は「赤十字思想誕生150周年」を記念し、赤十字を創設したスイス人実業家・アンリー・デュナンの生涯をミュージカル化したもので、両陛下は出演者の熱演に盛んに拍手を送られていた。皇后さまは日本赤十字社の名誉総裁を務められている。

【関連記事】
天皇陛下、種もみをお手まき
静養中の両陛下、須崎御用邸入り
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策
両陛下、ヨルダン国王と昼食会
平等院や長岡京跡地を訪問 京都滞在の両陛下

留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で−兵庫県警(時事通信)
<水俣病>救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)
火葬せず、ペット以外の骨渡す? =犬死骸投棄、詐欺でも捜査−埼玉県警(時事通信)
職質警官刺され重軽傷=男が逃走−長崎(時事通信)
5613匹 春風に泳ぐ 「世界一こいのぼりの里まつり」(産経新聞)
[PR]
by txsc614uwd | 2010-04-17 13:44
 6日午後11時ごろ、福岡市東区東浜の西部ガス関連のビル従業員から「数発の発砲音がした」と110番があった。福岡県警東署員が駆け付けたところ、ビル2階の玄関付近に弾痕が見つかった。けが人はいなかった。同署は発砲事件として調べている。
 同署によると、紺か黒色のウインドブレーカーを着て白いヘルメットをかぶった不審な人物が、原付きバイクで逃走するのを従業員が目撃していた。
 西部ガスは「発砲の事実は確認しているが、詳細などは分からない」としている。ビルは子会社の西部ガス興商が所有。ガス管保全や設備点検の関連会社が入居しているという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認

09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
「平和的に体制変換を」=黄元書記、拉致家族ら前に講演−東京(時事通信)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
インサイダー取引で3被告に有罪(産経新聞)
<新党>平沼、与謝野氏らが結党で詰めの協議(毎日新聞)
[PR]
by txsc614uwd | 2010-04-12 17:19
 政府は31日、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)を首相官邸で開き、自公政権下で設置された地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)が都道府県から市町村に権限を移譲するよう法改正すべきだと勧告した384事務に対する各府省庁の回答状況を明らかにした。「勧告通り見直す」「一部見直す」とした回答は99事務で全体の26%にとどまった。都道府県・政令市が持つ公立小・中学校教職員の人事権を中核市(30万人以上)にも認めることなど残りの285項目(74%)は「移譲困難」とし、理由として「市町村の事務処理体制が整っていない」ことなどを挙げている。
 首相は席上、「非常に不十分だと申し上げるしかない」と不満を表明。ゼロ回答だった農林水産、環境両省を名指しして「話にならない」と苦言を呈し、政府が6月にまとめる「地域主権戦略大綱」に向け、「今まで以上に加速度を付けて、思い切って(省庁の)考え方を変えさせなくてはならない」と語った。メンバーの橋下徹大阪府知事も「自治体サイドから見れば、絶対全部移譲できる」と強調した。 

【関連ニュース】
市町村への権限移譲、26%どまり=府省庁回答
「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング
公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ

ペンに託す定年後の人生 企業OB70人 作品を発表・批評(産経新聞)
男子バレー部の監督、部員にわいせつ行為 奈良の県立高(産経新聞)
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士−明石歩道橋事故(時事通信)
弁護士資格なく会社整理=容疑でコンサル会社捜索−警視庁(時事通信)
幹事長に舛添氏を…自民熊本県連(読売新聞)
[PR]
by txsc614uwd | 2010-04-07 12:24
 □大丸心斎橋店 北海道展

 ■味わい爽やか「ほろ酔い豚」

 百貨店が開催する数ある地域物産展の中で、ダントツの人気と規模を誇る「北海道物産展」。この催事を支えるのが、北海道展専任バイヤーの存在だ。

 大丸松坂屋百貨店の名物バイヤーとしてテレビなどでも人気の高い、MD統括本部第3統括部の本田大助さんは平成16年6月、北海道担当に就任したのを機に神戸から札幌へ移住し、全国の店舗で開かれる北海道展のため、地元の美味を発信し続けている。

 その本田さんが、大丸心斎橋店で31日から始まった「春の北海道市」(4月12日まで)に自信をもって投入したのが、十勝のブランド豚として知られる十勝野ポーク(三元豚)に、北海道名産のワインの絞りかすを餌として与えた“本田氏オリジナル”の「十勝野ワインポーク」。

 同物産展では、特別限定生産のベーコン(500グラム、2520円)とソーセージ(240グラム、1260円)として販売している。開発のきっかけは十勝野ポークの生産で知られる「ポークランドなかさつ」(中札内村)の渡辺俊一社長との会話だった。

 豚に酸味のあるフルーツを餌として与えると、肉質の柔らかい上質な肉ができる。「地元の名産品を餌に与えて、より北海道らしいブランド豚はできないものか…」と渡辺社長に相談するなかで、豚にワインを飲ませるという飼育法に着目した。

 さっそく、ワイン用ブドウの作付け日本一として知られる浦臼町に足を運び、ブドウやトマトなどの加工食品を製造・販売する「北海道アグリマート」の佐竹春敏社長に協力を依頼。搾った後のブドウの皮や澱(おり)を豚の飼料にする手はずを整えた。

 ブドウの皮などを出荷前の約2カ月間、餌に与えて限定飼育した結果、臭みがなくジューシーな通常の「十勝野ポーク」に、さわやかなコクとうまみが加わった「十勝野ワインポーク」が誕生した。この豚肉を、ホテル用の高級食肉加工メーカー「大金ハム」(札幌市)が手作りで仕上げた今回のベーコンとソーセージは、地元・北海道の生産者やメーカーをつなぐバイヤーの“熱意”が生んだ逸品だ。

 「単にうまいものを見つけて紹介するだけでなく、少しでも北海道の地域発展の手助けになれれば」(本田氏)というように、産地の人たちや漁師さんとじかに接する中で、生まれた名物も少なくない。北海道の郷土料理・松前漬けを巻きずしに仕立てた「松前巻き」もそのひとつ。たまたま余暇で訪れた松前町で地元の女将から相談を受け、商品企画から北海道展での販売までを手がけ、ヒット商品に育てあげた。

 北海道着任から6年。当初74キロだった体重は大台を超え、104キロになった。「物産展ができるのも、地域の人に支持されてこそ。毎回、自分が納得した新しい何かをお客さまへ提案し、提供したい」と、今日も道内を飛び回っている。(写真・飯田英男)

                   ◇

【DATA】「十勝野ワインポーク」を生産した「ポークランドなかさつ」は、平成4年の設立以来、自社のブランド豚「十勝野ポーク」を生産している。1頭ごとに個体番号で識別する個体管理を行うほか、野菜や果実、海草などから抽出したエキスを飼料に混ぜるなど、豚にとって最適な飼育環境を整えた。徹底したこだわりから生まれた豚肉は、余分な肉臭が少なく風味が良いほか、うま味や甘みの元となるアミノ酸の含有量も多いという。

 

チューリップ約700本切断=花博記念公園−大阪(時事通信)
「建築界のノーベル賞」に妹島・西沢氏(読売新聞)
医療紛争の裁判外解決で初会合=ADR機関が情報交換−厚労省(時事通信)
<掘り出しニュース>警告カードを水増し 「上司にほめられたかった」(毎日新聞)
<不当表示>台湾産ウナギを「国産」 「日本一」に改善命令(毎日新聞)
[PR]
by txsc614uwd | 2010-04-02 14:09